読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

パンプキンスパイスラテ

IT系のことが多めの日記帳です

Amazonのおすすめ商品

Amazonの「おすすめ商品」を眺めてて面白そうだなぁと思ったものを忘れないようにメモ。

MySQLによるタフなサイトの作り方

MySQLによるタフなサイトの作り方

MySQLによるタフなサイトの作り方

Amazon商品ページより

MySQLで月間100億PVに耐えるサイトを作る!
オープンソースのデータベースとして人気の高いMySQLでタフなサイトを構築する実践的解説書。ハードウェアの選定からシステム監視まで、タフなサイトを作るために必要なすべてがここにある。


コストをかけずに信頼性とパフォーマンスを追求するには、知識と経験こそがモノをいう。Linux上のMySQLでその目的を達成するためのすべてのノウハウをここに公開する、BtoCサイト構築の指南書。
Amebaはこうして作られている!
ファイルシステムとパフォーマンスの関係は?
投稿画像はファイルで保存するか、データベースに格納するか? またそのときのバックアップの方法は?
正規化はいつでも行えばいいというものではない? どのようなリスクがあるか?
データベースを用いたシステム構築に常につきまとうすべての問題に、判断の手がかりを与える。さらに、利用者の急増や問題のあるSQLの対処など、運用中に生じるさまざまな問題への対処も広くカバー。
ハードウェアの選定からシステム監視まで、タフなサイトを作るために必要なすべてがここにある。すべてのMySQLユーザーに贈る、データベース虎の巻。

STATIONERY HACKS!

STATIONERY HACKS!

STATIONERY HACKS!

Amazon商品ページより

いまや書店の店頭にはさまざまな「仕事術」の本が並び、各書の著者が効率よく仕事をこなすためのさまざまなスキルやノウハウを紹介しています。その一方で、昨今の急速なデジタル化の反動か、スタイリッシュな「ステーショナリー」に注目が集まっています。ところが、これまでの「仕事術」本には具体的なステーショナリーを紹介したものが少なく、一方「ステーショナリー」本はおしゃれな製品紹介に終始しているものがほとんどです。そこで、両者の特徴を融合させた、「おしゃれで仕事に役に立つステーショナリーガイド」といった本を作ろうと企画したのが本書です。著者には、それぞれのスペシャリストにお願いしました。小山氏は、『TIME HACKS!』『STUDY HACKS!』『整理HACKS!』ほか大人気の「ハック!」シリーズの著者で、仕事術のスペシャリストです。土橋氏は、『やっぱり欲しい文房具』の著者で、情報サイト「All About」では「ステーショナリー」のガイドを担当しているステーショナリースペシャリストです。「仕事術のプロ」と「ステーショナリーのプロ」による、仕事の効率と業績をアップさせる究極の「ビジネス文具」約250点をご紹介します。
Chapter 1 文具な整理 整理の達人になれるハック!
Chapter 2 文具な発想 文具を活用してアイデアを生み出すハック!
Chapter 3 文具な表現 文具で自分らしさを表現するハック!
Chapter 4 文具な環境 文具で創造性を引き出す環境をつくるハック!
Chapter 5 文具な時間 文具で時間を管理し、時間感覚を磨くハック!なお、本書の刊行に際して、全く新しい概念のノート「HACKS!ノート」が誕生します。リリースは、本書と同じ10/1です。こちらもよろしくお願いします。

激安なのに丸儲けできる価格のカラクリ〜10円缶コーヒーでもなぜ利益が出せるのか?〜

激安なのに丸儲けできる価格のカラクリ 10円缶コーヒーでもなぜ利益が出せるのか?

激安なのに丸儲けできる価格のカラクリ 10円缶コーヒーでもなぜ利益が出せるのか?

Amazon商品ページより

マクドナルドは100円マックでもなぜ最高益を出せるのか?
300円弁当は本当に儲かっているのか?
買い物のポイント制は本当にお得なのか?
最高益のディズニーランドは何で儲けているのか
客のいないスナックがつぶれない理由は? など、身近な商品やサービスと「儲け」の秘密を、カリスマバイヤーが解説。
そのうえで、これからは決算書のような財務会計よりも、仕入れや原価を中心とした管理会計の知識こそが大切であり、そのテクニックを述べていく。
「客がいなくても潰れない店の秘密」「ポイントを乱発する企業の内情」から、「成功する安売り、潰れる安売り」「現場で行われている違法スレスレの仕入れ術」まで、これから商売に携わろうとする人、また商売に苦しんでいる人には必読の書である。
また、節約本が売れている現状、原価や価格の裏側を知ることで、一般消費者にもアピールできる内容となる。
個人にとっては「賢い買い物をする」ヒントとして、企業にとっては「利益創出」の指南書として役立つ一冊!